でこてっくろぐ ねお

でこてっくろぐ(http://dekokun.github.io/)から進化しました。でこらいふろぐ(http://dekolife.hatenablog.com/)の姉妹版。デコテックログ(deko tech log)である

Mackerelに日記を書きながら健康状態をトラッキングする

Mackerel Advent Calendar 2018 - Qiita 8日目です。

私は気分の上下が激しく波のようだということで、チームメンバーから"デコウェーブ"などと言われていたりするのですが自分ではいまいち認識できてないな、ということで可視化を進めることにしました。

可視化の方法としていろいろあるかと思いますが、今回はMackerelを選択しました。Mackerelのいいところとして、日記がかける事が挙げられます。

f:id:dekokun:20181207205258p:plain
私の健康状態のグラフ

こんな感じでグラフができて…

f:id:dekokun:20181207205628p:plain
ちょっと山ができている

この日はちょっと調子良さそうだけど何が起きたのでしょうか???

f:id:dekokun:20181207205517p:plain
筋肉は偉大

なるほど、筋肉のおかげか、ということがわかりますね。 Mackerelのグラフアノテーション機能を使って上記のように日記を書いています。

これを投稿しているのは以下スクリプトです。 $ dekokun_health.sh 3 筋肉を追い込んだ みたいに使いましょう。 レッツトライ!

$ cat dekokun_health.sh
#!/bin/bash

if [[ $1 == "watch" ]]; then
    open "https://mackerel.io/orgs/XXXXXXXXX/services/XXXXXXXX?metrics=service"
    exit
fi

if [[ $# -ne 2 ]]; then
  echo "Usage: $0 点数 説明"  >&2
  echo "点数は4点満点。
  0: 最悪な気分
  1: 気分悪目
  2: 気分普通
  3: いい感じ
  4: 最高!"  >&2
  exit 1
fi

metric=$1
description=$2

service=dekokun
printf "health\\t%d\\t%d" "$metric" "$(date -u +%s)"| mkr throw --service $service
mkr annotations create --service "$service" --from "$(date -u +%s)" --to "$(( $(date -u +%s) + 1))"  --title "$description"

mkrコマンドのセットアップ方法やAPI KEYの使い方は以下を参考にしてください

mackerel.io

次にやりたいこと

  • 今はPCの前じゃないと値を投稿できないのが辛い。ブラウザから投稿できるようにすればいつでも投稿できてハッピー☆
  • 上記以外にももっとたくさんデータを投稿する工夫をなんらか施しデータが溜まってきたらなんかいい感じに分析したいね。 夕方はウェーブが激しいね 、とか